考え方100連発

人を動かすものは、「何のために」 という考え方

スポンサーリンク

人を動かすものは、「何のために」という目的

 

考え方のメリット:人に動いてもらいやすくなる

 

 

うちにくる保険の営業レディの人に、ひとこと言いたい。

もう商品の説明はしてもらわなくていいんです。

初めから、欲しくもない保険の話は、あまり聞きたくないんです。

 

僕は、断れない性格のダメ社長だから、

営業レディの「提案だけでもさせてください」を断れず、

話だけは聞いています。

 

でも、僕が「契約します」と言うのは、

必要性を感じた時なんです。

 

必要でないものは、いくら良いものでも不要です。

 

だから、商品やサービスの特徴ではなく、

なぜ、その商品が私に必要なのか

これを話してほしいんです。

 

「他の保険より、保険料が月々安いんです」とかの話ではなく、

その保険に入っていたおかげで助かった事例、

逆に助からなかった事例、これらの事例を挙げ、

リスクヘッジとして保険に入った方がいいです、

こういう提案をしてほしい。

 

人は、「何のために」という目的があれば動きます。

場合によっては、特攻隊のように、人は命さえ投げ出します。

それほど「何のために」という目的は強力に人を動かします。

 

うちに来る保険レディの人、商品説明はもういいから、

僕は「何のために」保険に入った方がいいのか、これを説明して下さい、

と面と向かって言えない、気弱な社長です・・・。