考え方100連発

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えるモノより、見えないモノが重要 という考え方

スポンサーリンク

うまくいっている人の方法をマネしたのに、

自分がやってみると、うまくいかない、

そういう時ってないですか?

 

こういう時は、うまくいっている人の「方法」だけでなく、

その「想い」まで、マネをする必要があります。

 

 

 なぜなら、

手法やノウハウ、技術といった、目に見える表面的なモノはすべて、

想いや理念、価値観といった、目に見えないモノから生まれているからです。

 

見えるモノより、見えないモノの方が重要です。

木でいうなら、枝や葉より、根っこです。

 

見えないモノにこそ、物事を成功に導く大切なポイントが含まれているのであって、

見えるモノは、その見えないモノの一部分が表面化されたに過ぎません。

 

だから、一部分だけである「見えるモノ」だけマネしても、

うまくいく可能性が低いのです。

 

 

たとえば、環境整備(職場の掃除)で、こういう失敗例があります。

 

売上を伸ばすためには、職場をキレイにすることが必要、

とよく聞きます。

 

しかし、掃除に力を入れた経営者からも、

「掃除をしたら儲かると聞いたけど、全然、儲からない。」

と聞きます。

 

これはよくある失敗例です。

 

売上が伸びている会社の経営者は、

頭の中の整理整頓ができています。

 

整理整頓とは、次の2つ。

 ①必要なものと、必要でないものに分ける

  (必要でない物は捨てる)

 ②必要なものに、優先順位を付ける

  (よく使う物は手前に置き、あまり使わない物は奥に置く)

 

この考え方が、できているから、

結果として、職場がキレイなのであり、

結果として、売上が伸びているのです。

 

頭の中の整理整頓ができていない経営者は、

従業員に職場の掃除だけさせても、

売上は伸びないのです。

 

だから、うまくいっている人の「方法」だけでなく、

その「想い」まで、マネをする必要があります。