考え方100連発

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どちらを選んでも「大正解」 迷ったままの現状維持が1ダメ という考え方

スポンサーリンク

二者択一、どちらかを選ばないといけない時、

ひとつが「正解」で、もうひとつが「不正解」、

こうと考えると、身動きができなくなります。

 

f:id:nannnotameni:20170326220548j:plain

 

かくいう僕も、公務員時代、

仕事を辞めて、新しいことに挑戦したかったんです。

でも、公務員を辞めるのも不安で、辞められない。

こんなどっちつかずの気持ちで、

3年間、毎日、悶々としていました。

当然、仕事にも身が入りませんでした。

 

そこで、今の僕から、当時の僕に一言、

 

どっちを選んでも、大正解ですよ!

むしろ、迷ったままの現状維持が1番ダメですよ!

 

 

正確に言うと、初めから選択肢に「正解」も「不正解」も無いんです。

人生とは、選んだ道を、努力と工夫で「正解」の道に創り上げていく過程です。

 

どちらかが「正解」で、もう片方が「不正解」だと思うから、

迷ってしまい、立ち往生してしまうんです。

 

決断して、動きましょう!

決断とは、この道と「」めて、捨てた道の未練を「」つことです。

1度選んで決めたら、自分にはこの道しかない、と思い、

その道を選んで良かった、と思える道に創り上げていきましょう。

 

逆に、どちらの道を選ぼうとも、必ず、苦労や困難な出来事が待っています。

でも、大丈夫です。

人生に何が起こるかは、人生の幸、不幸にあまり関係がありません。

その出来事にどう向き合うか、ここにかかっています。

 

マイナスはプラスに、

ピンチはチャンスに、

困難の壁は成長というハシゴで乗り越えていく

 

人生の選択に「正解」は無い

選んだ道を「正解」に創り上げていくだけ

 

 

そして、迷ったままの現状維持、これがいけない。

 

未来は誰にも分からないからです。

不確定な未来を想像し、あーでもない、こーでもないと悩んでみても、

実際、やってみないと分からないのです。

これから振るサイコロの目が、

奇数か偶数かで悩むようなものです。

 悩む時間がもったいない。

 

たとえば、

僕は、公務員を辞めたい気持ちと、

挑戦したい気持ちに板挟みになり、

3年間もうじうじしていました。

 

仕事で嫌なことがあると、

どうせ辞める仕事だからと手を抜き、

挑戦したいことを逃げ道にしました。

 

逆に、挑戦したいことはあっても、

公務員という安定した身分に甘え、

自分を磨く努力をしませんでした。

 

現状維持の自分が1番ダメでした。

 

だから、

どちらか迷ってる人がいたら、

どちらも正解と考え、動き出しましょう!