考え方100連発

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割れ窓理論 という考え方

スポンサーリンク

人間、生きてると元気な時ばかりではありません。

なんだか元気がない、やる気が起きない、という時が

必ずやってきます。

 

そういう人は、身の回りをキレイに整理整頓することをお勧めします。

身の回りをキレイにすることで、心が元気になるからです。

 

 人は普段、見ているものに心が似てくる

とも言います。

 

汚れた環境にいる人は、心も自然と荒れてきます。

キレイな環境にいる人は、心も自然と穏やかになります。

 

これは、犯罪心理学で
割れ窓理論(ブロークンウィンドウ理論)
と言います。

 

この理論の実例として、ニューヨークの事例があります。
1994年、治安の悪かったニューヨークで、

落書きを消したり、ゴミを拾うといった清掃活動を実施し、
環境美化を徹底して実施したところ、

犯罪発生率が激減したという実例です。

 

ディズニーランドやディズニーシーも、

この理論を取り入れ、アトラクションは小さな傷も見逃さず、

パークの中の清掃も徹底して実施しています。

 

身の回りがキレイか、散らかっているかは、

人の心に大きな影響を与えます。

 

だから、元気が無かったり、

心がすさんでいるなぁ、と感じている人がいたら、

環境をキレイにすることをお勧めします!