考え方100連発

攻撃された時、心にゆとりを持って対応するための考え方 その2

スポンサーリンク

 

1 感情的にならないコツ 

 

相手から攻撃された時、感情的になってしまうと、

相手の言いたいことは何か、を理解するよりも、

相手にいかに反論するか、を考えてしまいます。

そして、終わりのない反論合戦になっていきます。

 

こんなとき、感情的にならないコツがあります。

 

それは、相手から攻撃されている時に、

自分の意識を、次の2つに集中することです。

 

自分の心が荒れないように注意すること

相手の話を理解すること

 

これら2つのことを、同時に意識するのは難しそうに思えますが、

やってみると意外と簡単にできます。

 

 

 2 自分の心が荒れないように注意すること

 

相手から攻撃されている時、

自分の心の状態を、注意深く観察してみましょう。

最初は穏やかだった自分の心に、

カチンとくる最初の瞬間があることに気が付きます。

 

自分がカチンときた、

最初の瞬間を把握できるかどうかが重要です。

 

最初のカチンは、まだ小さな怒りのカチンです。

火は小さいうちに消せ

と言います。

怒りが小さいうちは、

冷静になろう、冷静になろう、と意識すれば、

多少の怒りは、その場で消すことができるようになります。

 

以前ブログで書いた、 

すべて、良いこと半分、悪いこと半分

を意識して、こんなに腹が立つ相手でも、

同じ分だけの良いところがあるはず、と考え、

怒りの感情を静める方法もアリです。

 

 

3 相手の話を理解すること

 

相手から攻撃されたとき、人は反論したくなるものです。

でも、そこはぐっと我慢して、相手の言いたいことは何なのか、

理解するように努めます。

相手を理解する対話のポイントは、

相手を否定しないことと、説得をしないことです。

 

4 まとめ

 

 前回のブログの内容も踏まえてのまとめです。

 

相手に攻撃された時は、

お互いの言い分について、

相手も自分も、どこか間違っている

というスタンスに立ち、

 

相手の攻撃に心が動揺しないよう、平常心でいることを心がけつつ、

相手が何を言いたいのか、理解するよう努める。

 

これらのことができるようになると、

相手の攻撃された時、

心にゆとりをもって対応することができるようになります。