考え方100連発

コミュ障の僕でも社長になれた!人間関係の考え方

スポンサーリンク

 

僕は昔、人間関係がすごく苦手でした。

と言っても、今でも得意とは言えないレベルです(泣)

十分、苦労しています・・・。 

 

それでも、仕事の中で、人にもまれ、ぶつかりながら、人間関係の考え方を学び、昔よりは、人間関係がうまくなったと思います。

 

ということで、今回は、人間関係がうまくいく考え方を紹介します。 

 

目次

 

人間関係が良くなることのメリット

f:id:nannnotameni:20170411200322j:plain

 

もし人間関係がうまくいくと、本当に良いことがたくさんあります。

 

まず、みんなから好かれるので、どこの会社でも引っ張りだこです。

当然、優遇されるし、お給料が増えていきます。

 

たとえ会社が倒産しても、すぐに次の就職先が見つかるでしょう。

また、何をやるにしても、まわりの人が応援してくれるようになります。

 

 実は、このような人たちには、共通した考え方があります。

 

人間関係がうまい人の共通点

f:id:nannnotameni:20170730153459j:plain

 

人間関係を築くことがうまい人に共通する考え方は、次の考え方です。

人間関係はギブ&ギブ&ギブ

 

ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブです。

 

与えて、与えて、与え続けることです。

テイクはありません。

僕自身、この考え方ができるようになってから、人間関係は飛躍的に向上しました。

 

何をギブするのか

f:id:nannnotameni:20170730153521j:plain

 

たとえば、人間関係におけるギブには次のようなものがあります。

人間関係におけるギブ

◆ 元気に挨拶をする

◆ ちょっとした親切

◆ 明るい表情や態度

◆ プラスの言葉を使う

 

 難しいことじゃないですよね。

 

相手が元気になるように、得するように、うれしくなるように、幸せになるように行動していけばいいんです。

 

単純なことですが、このギブ&ギブ&ギブの行動ができれば、誰からも好かれる人になります。

 

人間関係が苦手な人の共通点

f:id:nannnotameni:20170730153142j:plain

 

しかし、昔の僕は、全く逆の発想でした。

 

テイク&テイク&テイク、そのあと、ちょっとだけギブみたいな感じです。

自分がいかに得するか、テイクばかり気にしていたように思います。

今、思うと最低ですね(笑) 

 

まず、それをすることで、どれだけ自分が得をするのか?

自分のテイクを考えて、得をするならギブするし、損をするならギブしないといった感じです。

 

完全な損得勘定です。

 

自分で書いてて言うのもなんですが、こういう奴とは付き合いたくないなぁと思いますね。

人間関係が悪くなっていくのは当たり前です。

 

 

与えたものは返ってくる

f:id:nannnotameni:20170730160106j:plain

 

ギブ&ギブ&ギブ。

 

こういう話をすると、ギブばかりしていては人間関係はうまくいっても、結局、損ばかりの人生になってしまうと心配になりませんか。 

 

ですが、安心してください。

与えたものは、全部きちんと返ってきます。 

 

相手のためにギブした時は、宇宙銀行に幸せを預けたと考えましょう。

それはいずれ、利子をつけて全額戻ってきます。

 

実際、瞬間的に、損得判断は存在しますが、人生という長期的な視点でみると、損も得もありません

 

ちなみに、良いことだけでなく、悪いことも、出したものは、全部返ってきますので、注意が必要です。

 

「悪口は、天に向かって唾を吐いていると思え」と言いますが、本当にその通りです。

悪いことをすれば、悪い結果が返ってきます。

 

まとめ

f:id:nannnotameni:20170730160318j:plain

 

もし、昔の僕のように人間関係で悩んでいる人がいたら、騙されたと思って「人間関係はギブ&ギブ&ギブ」の行動をしてみましょう。

 

きっと、今まで以上に、うまくいきますよ!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

www.kaz-log.jpwww.kaz-log.jp

www.kaz-log.jp